» 親子留学準備で考える事

親子留学準備で考える事

1. ベビーシッター

Aug19th#1こちらは長期での親子留学、そして寮滞在以外の滞在を考えられるお客様には必要になると思います。
実際に我が家にもベビーシッターがいます。
特に小さいお子様(0歳~6歳頃)を連れて親子留学をされる場合には、
ベビーシッターが必要となる可能性は更に高くなると思います。

 

<必要な理由>
・お母様が語学学校へ通われるとなるとお子様の学校の送り迎えが大変
・お母様が語学学校へ通われるとなるとお子様の食事を作ったり、遊んだり、
掃除をする時間が無く大変

<ベビーシッターの基本条件>
・ベビーシッター費用:1ヶ月約1万円が平均相場
・ベビーシッター可能時間:月曜日~金曜日(午前8時~午後7時)
※時間帯や曜日はベビーシッターとの相談で決まります。
・ベビーシッターへお願できる仕事:子供のお世話、掃除、学校への送り迎え、洗濯、買い物、食事を作る事等。
※仕事内容も相談で決めることができます。

 

<ベビーシッターの探し方>
一番の見つけ方は知り合いからの紹介です。ただ初めてフィリピンへ来られるお客様は、
現地に知り合いもいらっしゃらないと思います。そんな時は是非、我々をお使い下さい。
ただ、ご紹介はできるかもしれませんが、最終的に、面接を行い採用するかどうかは
お客様自身に手ご判断いただければと思います。

・・・・・・・・・・・・・・

 

2. 滞在先(コンドミニアム・一軒家)

IMG_1523学校の寮に滞在するプランをご希望のお客様は問題ないのですが、
寮滞在を避けられたいお客様は滞在先のお手配も必須になります。
寮以外の滞在が必要になる親子留学のプランは以下の通りです。
・長期親子留学希望者で尚且つ、お母様はある程度の英語研修受講後、学校へ通われない場合
・お子様が5歳以下など小さいお子様を伴う場合
・長期留学でお母様が学校へ通われない場合(お子様留学重視)
もちろん、その他にも色々なプランが考えられると思われます。
さて滞在先探しですが、どうやって探すのか、これも正直、知人からの紹介・口コミが理想であると思います。
不動産屋もありますが日本とは仕事のレベルが異なりますので、
結果、自分で足を運んで1つ、1つ物件を探すのが良く感じてしまいます。
しかし、これでは時間がかかります。
そこで、紹介なのです。
 

どっか良い物件ないかな? → 私が住んでいるコンドミニアム空いてるよ?
とか
どっか良い物件ないかな? → 何処何処のコンドミニアムが良いと聞いてるよ
など、良い情報が飛んできます。

 

当社はセブにもオフィスを構えておりますので、是非、コンドミニアム探しもサポートさせて下さい!

 

<コンドミニアムを探すまでの注意点>
注意点と言っては大袈裟ですが、コンドミニアムを探すにも時間がかかります。約1週間ほどでしょうか。
その為、探すまではホテル等へご滞在をして頂く形になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

3. 運転手(ドライバー)

セブ島で生活をしているとタクシーで移動をすることが頻繁です。
子供の学校へ連れて行く時の移動、自分の学校へ向かう時の移動、
週末遊びに行くときの移動、買い物など全て移動はタクシーです。
滞在期間が半年以内程度であれば、タクシーを利用され続けても良いかもしれませんが、
半年を超えて滞在される場合、ある時期からダライバーを採用することも考えておくと良いでしょう。
もちろんその前に車の購入も必要です。

 

<ドライバーの基本条件>
・ドライバー費用:1ヶ月約1~1.5万円が平均相場

・ドライバー可能時間:月曜日~金曜日(午前8時~午後7時)
※時間帯や曜日はドライバーとの相談で決まります。

 

<ドライバーの探し方>
一番の見つけ方は知り合いからの紹介です。ただ初めてフィリピンへ来られるお客様は、
現地に知り合いもいらっしゃらないと思います。そんな時は是非、我々をお使い下さい。
ただ、ご紹介はできるかもしれませんが、最終的に面接を行い採用するかどうかはお客様自身に手ご判断いただければと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

4. 車の購入

滞在期間が長くなり、移動する回数も多いお客様の場合、車の購入も考えられる時が来ると思います。
フィリピンには色々な国の車があります。日本はもちろん、アメリカ、韓国、ドイツなど本当に豊富です。
お薦めは何ですか?と良く聞かれますが、やはりお薦めは日本車です。
色々な方に聞いておりますと日本車は長持ちするという事です。やはり品質が良いという事がいえるのだと思います。
ただ車は中古車でも新車でも日本よりも高いです。

 


トップページ » 親子留学準備で考える事